にじいろMachiCo.

毎日がにじいろに輝く三重北部を中心とした情報誌

素敵なカフェですね。いいえ、自宅です。夢見る夫婦の夢のようなオープンハウス
201802251946571ef.jpeg

四日市市下さざらい町某所、カントリーなかわいいお家を創る「CoKaO」のオープンハウスに足を運んだ。

あ、ここだ!

周囲の屋根と屋根の間からちらっと見えただけでCoKaOの家だとすぐわかる。「可愛い」の言葉が自然とこぼれる、カントリーな外観だ。

20180225194700161.jpeg

中へお邪魔すると、リビングで施主のKさんご夫婦が笑顔いっぱいで会話をされている。奥様は今日が初めて中を見る日だという。その表情を見れば、満足度は200%だった事は容易に想像できた。

今回のオープンハウスのテーマは「夢見る仲良し夫婦が建てたナチュラル×カフェスタイルのお家」。どんな夢があったのか、夢を叶えることはできたのか、Kさんにお話をうかがうことができた。そういえばK様邸、

ベランダがない。

20180225194705429.jpeg

虫が苦手なんです。と奥様が答えてくださった。「虫が苦手」と「室内干し限定」にこだわって導いた結論は、ベランダを造らないことだった。その代わりに、二階にはサンルームがある。屋内でありながら十分な日差しを受けられる設計になっており、これなら虫や汚れだけでなく、気候や時間を気にせず洗濯ができる。こんな希望が叶うのも自由設計ならでは。

201802251947064df.jpeg

「広い!」声を上げて驚いたのは、二階のウォークインクローゼットの広さだ。一部屋分のウォークインクローゼットと一部屋分の納戸が合体しているようなゆとりある設計。

201802251947004f7.jpeg

オリジナルの洗面台は、歯ブラシなど生活感溢れるものを、鏡をスライドさせるだけでオシャレに隠してくれる。

201802251946594b8.jpeg

キッチンの食器棚にも扉がついており、キッチンを片付けている途中に突然の来客があっても、これなら扉を閉めるだけで、気を使うことなくくつろぐことができる。

20180225194712515.jpeg

Kさんはなぜ、CoKaOを選ばれたのか。

家が欲しいと思ってから、今日まで約5年。たくさんの土地を見て、たくさんのハウスメーカーを巡られたという。ハウスメーカーはハウスメーカーでいいところがたくさんあったが、Kさんはより自由に自由設計ができることと、Kさんのペースに合わせてくれることからCoKaOを選択された。

ハウスメーカーには指定された建材があり、こちらが使いたい建材があっても、指定でなければ使用できないことが多い。

天然漆喰の壁とK様がイメージされている間取りを、できますと答えたのはCoKaOだけだった。K様の夢は、CoKaOでないと叶わない夢だったのだ。

20180225194709122.jpeg

またK様は、両家のご両親の意見も尊重されながら、ゆっくり家づくりを進められて今日に至る。関わる人が増えれば、当然進むスピードが遅くなる。K様がゆったりとしたペースで打ち合わせを望むのに反し、ハウスメーカーから急かされることもしばしば。CoKaOだけが、K様のペースを守ってくれたそう。

でも最終的にはCoKaOの建築士、大西さんの人柄に惹かれたんだよね。

声を揃えて答えてくださった。

20180225194711eb9.jpeg

夢のマイホームに初めてご夫婦が揃う。そんな幸せいっぱいの貴重なひと時にご一緒させていただき、私も幸せいっぱいになった。これからたくさんの幸せが、このお家から生まれますように。
Share