にじいろMachiCo.

毎日がにじいろに輝く三重北部を中心とした情報誌

シルクのようなつるすべかかとは、Re:nailのフットケアで取り戻せる!
20180220234505111.jpeg

私のワークライフはかなりフレキシブルだ。平日の3日間は実家の母にまちこを預け、朝から晩まで仕事。平日の2日間はまちこと一緒に仕事。土日は基本的には休暇としている。

今日はまちこと一緒に仕事をする日だが、子連れである旨をご快諾いただき、四日市市楠町のネイルサロンRe:nailにて、新しい足裏角質ケアのメニューができたと聞き早速取材をさせてもらいに行ってきた。

子連れで角質ケアして至福のひとときでしたー、と表現したい所だが、子連れあるある

出かける前にトラブル勃発
なかなか自宅を出られま10(テン)


で、自宅を出発したい時間からすでに30分が経過している。それでも焦らず車を走らせるのは、Re:nailの場所がアクセス良好な場所にあるからだ。車なら23号線を走らせてスムーズに。電車なら近鉄「楠」駅徒歩2分。車で来る人もそうでない人も通いやすいRe:nailに、予約時間ぴったりにまちこと到着した。

笑顔で暖かく出迎えてくれるのは、オーナーネイリストのかなさん。店内には多数ネイルサンプルがあり、その技術の高さを知ることができる。

20180220234456561.jpeg

それなのに、得意なのは「ケア」ですって。

こんな綺麗なネイルよりもケアが得意なんて、どれほど綺麗な足に仕上げてくれるのかと、施術前から期待が高まる。

私は元々、かかとをはじめ足裏がカサつくタイプではなかった。それが産後に体質が変わってしまったのか、認めたくはないが単純に老化なのか、かかとにひび割れが目立つようになった。市販のクリームなどで保湿しても全く効果はなく、勝手にかかとのひび割れは母になった勲章のように感じていた。

201802202344557b8.jpeg

フットバスに足をつけ、足元を温めながら施術が始まる。角質ケアに使用するのはSPA LUCEのフットケアローションと、顔にも使用できるボディローション

20180220235046bad.jpeg

以前よりRe:nailでは足裏角質ケアのメニューはあったが、アルカリ性の液体を時間をかけて浸透させ、角質を浮かび上がらせるタイプのものだった。今回は弱酸性で肌に優しく、かなり粒子が細かいタイプだという。なので浸透が早くシュッとスプレーするだけで角質除去ができる。

20180220234458318.jpeg

右がケア後、左がケア前。かかとの割れ目の有無は一目瞭然だ。

201802202344594cd.jpeg

さらにフットマッサージと足の爪のケア(爪の長さ調整と、甘皮処理)、スクラブと保湿が付いている。足のケアにはもう不足しているものはないほどのボリュームで7,560円。

今ならモニターキャンペーン中で
なんと5,400円。


施術を終え、帰りの支度をするために靴下を履いた時に驚いた。普通の靴下なのに、まるでシルクかと思うほどするっと履けたのだ。帰りの車でも、足が軽くなっているのがわかる。

201802202344585d6.jpeg

魚の目やタコのある人も大丈夫。優しく丁寧に削ってくれます。カサカサかかとを「こんなもん」と諦めている方、営業職だから足裏はカチカチで当然と受け入れてしまっている方にこそ伝えたい。本当にツルスベになるから。これまで頑張ってくれた足にお疲れ様のケアをしてあげてはいかがでしょう。
Share